ようやく落ち着いて

前半組のボトル交換が落ちつき、現段階の幼虫管理表の整理がようやく終わりました。

(と言っても交換する度にまたやることが増えますが…)



ブログで2017年のラインを軽くまとめたいと思います。

【2017年度 ブリード管理】

1)17- A-1~29
MGI→29頭


2)17-B-1~20
MGO→20頭


3)17- C-1~38
YFG→38頭


4)17- D-1~28
張飛→28頭


5)17-E-1~22
TX→22頭


6)17-F-1~7
TX(本家累代幼虫)→7頭


7)17-G-1~18
MDA→18頭


8)17-H-1~9
MDB→9頭


9)17- I- A1~11
51.7mm→11頭


10)17-J-B1~4
49.5mm→4頭


11)17-K- C1~6
51.5mm→6頭


12)17-L- D1~5
48.5mm→5頭


13)17- M-1~6
MGK→6頭


14)17- N-1~13
CTRS→13頭


15)17-O-1~11
CN45→11頭


16)17- P-1~12
國綱→12頭


17)17-Q-01~9
秘蔵→9頭


18)17- R-01~13
M127→13頭


と長くなりましたが
北峰ホペイは計18ライン、総数約260頭になります。




9番~12番ラインはtinkerさんから使用済みメスをお譲り頂き、得た幼虫のラインになります。(MDA・MDB・TXいずれか)


13番~15番はお楽しみライン。

g数が乗らずとも気に入った形状が出てくればインでも継続していく予定です。


そして自己ブリラインとして期待しているのが2番ライン。

我が家ではズバ抜けたグラム数(35gや34g)がでているラインであり、30upは現時点で5頭出ています。

データを見返すと食痕の様子はだいぶバラけましたが、高いポテンシャルを感じました。
食性の強化面としての限界水準も把握することが出来たのも大きい収穫です。

現状、最終計測24gの幼虫が前回紹介させて頂いた通り、見れなくはなさそうな蛹も出ている為、期待を持って今後様子を見ていきたいと思います。



また夏頃にtinkerさんからお譲り頂き、今後我が家では主軸となり、目指す形状の起爆剤となるであろうMDAやMDB 、TX 。
形状はもちろん、食性や飼育を楽しむ面でも仕上がっている血統です。


正直、今季はこのラインの結果が一番気になっているところですが…先日4頭のMDAを交換したところ、まぁ結果が酷い(^_^;)



MDA-8
MDA 25
結果・・・25g

MDA-18
MDA 27
結果・・・27g


この他2頭は言うまでもなく、残念な結果となってしまいた。


同等にMDB も2頭交換しましたが、2頭ともに微笑むことが出来ない結果に…。

MDB-8
MDB 27
結果・・・27g


写真がありませんが、もう1頭は25g。

※たった2頭かもしれませんがMDAの結果もマチマチな分、結構落ち込みました(-_-;)

2本目でガンッと体重を伸ばし、いい結果に繋げたいところですが愛用メーカーのトラブルもあり、現状は厳しい状態です。


現時点の結果をtinkerさんに報告したところ、本家の最低g数が我が家では現在最高値…。
さすがにこの数字は驚かれてしまいました(笑
残す幼虫で何としても挽回したいですね。



今後としては5番~12番ラインの交換が控えています。
その為、交換記事がまだ続くかと思いますが・・・ご容赦ください。


つい先日には我が家最高形体の幼虫も出ましたので、次回はそちらもまとめてご紹介させて頂きたいと思います。
スポンサーサイト

今期第1号(^^;


今期第1頭目の蛹がでていました。
4月上旬割り出しのMGO。

IMG_0084.jpg
手に取って見るとこんな感じ…。

IMG_0070.jpg
幅より厚みにでた⁈印象です。
若干張り出してる点はいいかもしれません。

IMG_0146.jpg
こうして見るとピント合ってない(^^;
最終体重計測の記載は24g。
蛹体重は17~18グラム程でしたので羽化サイズは71~72ぐらいでしょうか。
ショボだとしても記念すべき第1号ですので、まずは完品で羽化して欲しいですね。
(失敗続きですが来年は割り出し時期を遅らせたいと思います)


そして昨夜はMGO-④の1頭のみ交換。

IMG_0145.jpg
現時点での30gアップの大半はMGO。
ボトル外観の食痕の色が良く、オガの粒子もきめ細かい状態でした。

他の30g アップ群よりは尻も小さく、食痕の様子から期待が持てそうな…。
(MGI等他ラインの1本目結果もまとめて、のちのちアップしたいと思います)


10月中旬にはMDAやMDB、本家からのTXのボトル交換が控えています。
堅詰めボトルに慣れてるせい?か食い上げがだいぶ早い状況。



と言ってる前に2本目瓶の準備進めないとね…。

紹介&交換

今回は来季使用予定の種親の紹介です。

親しくして頂いてるホぺ友さんよりお譲り頂いた個体。

IMG_8930.jpg
サイズ 73mm
右顎 6.3mm 左顎 6.2mm 

IMG_8934.jpg
若干アゴずれではありますがこの形状…私が求めていた形状です。
四角に近い形状が魅力的。

そして肝心な血統背景ですが…ノーブランド!だそうで。
この個体の作出者様はノーブランドを好み、ホペイ・国産をやられています。
今年はサイズ77mm前後で顎幅6.9mmが出たとか…汗
いつもいい刺激を頂いております。

ペアでお譲り頂いますのでインはもちろん、
アウトでもその形状遺伝子を発揮してもらえれば?と考えております。
使用メスは…極太ラインの完品メスを使用予定。
餌慣れしているメスを使用し、更にグレードアップを?

今年のラインで早期からよさそうな個体がいれば使いたいですよね…。
大切にブリードさせて頂きます(^^)



次に幼虫交換。

たまには国産を・・・ということで。

TRINIDAD(ご存じ、ドルハイ1年2組様血統)
♂は5頭程、交換しましたが写真の幼虫が今のところトップです。
他は伸びがイマイチな子が多く、23~4g前後でした。

IMG_9057.jpg
29g

種親
IMG_6111.jpg
サイズ 72mm
顎幅 6.3mm

IMG_6112.jpg
厚みもあり、小柄ながらも存在感がある個体です。

国産は減らす方向で考えてましたが、なんやかんやで国産極太…やっぱりカッコいいなぁ~と…。
ホペイ1本にしようと何度も考えたことがありましたが、物凄い個体を見るとどうも諦めがつきません(笑
来期は恐らく3ライン。(いずれも阿古谷)
増えるかもしれませんが国産極太はサブとはいえ、力を入れて参ります。


そして最後はやはりホペイで(笑
YFG(オリジナルCBF1)初の30upです。

IMG_9062.jpg
30g

IMG_9099.jpg
29g

MGO
IMG_9088.jpg
32g
正直、30g前後はどれも尻がデカい状況です。


今月中旬には2セット目で割り出した幼虫組、来月中旬にはオクで購入した幼虫の交換が控えてます。
何事も早めの準備はかかせませんね(-_-;)



今回も最後までお付き合い、ありがとうございました。

交換と補強

今回もボトル交換を。

正直あまり自信はなかったんですが…、
今回のボトル交換でホペイ自己ベスト(1本目最大体重)を更新しました。

MGO

IMG_8843.jpg
①35 g


IMG_8966.jpg
②33g(糞出し計測)


IMG_8965.jpg
②30 g


IMG_8968.jpg
③ 28g


続いて張飛

IMG_8958.jpg
①27g


他にも数頭MGIや張飛、YFGも交換しましたが写真をすっかり忘れてしまいました(^^;
26~28g前後ぐらいでしたので今のところはそこそこのアベレージです。

ただ問題が、30g超えの幼虫が多数出てくれたのはいものの、写真の通り…結構ボテッとした尻です(尻デカ)
「無事に羽化できるかどうか」・「どうコントロールしていくか」ここが今後の大きな課題になりそうです。


2本目は熟成したボトルを使用したいところでしたが、中々上手くいかないもんです。
購入・予約のタイミングを思いっきりミスり、やむおえなく活性がある程度落ち着いたと判断したボトルへ…。
何頭かはダイエットしてしまいそうです・・・。

3本目や来年は愛用メーカーと相談し、計画的かつ状況を把握しながら進めていかないとダメですね。
これはこれで、いい経験になりました(^^;



次に補強ネタ

来年用にホペイを購入しました。
ヤフオクですが「この値段でよかったの?」と思える水準です。

IMG_8952.jpg

出品写真を見ても顎幅は「商品記載の数値よりはありそう」と感じつつ、いざ手元に届いて見ると…ドンピシャ‼
顎幅の計測、記載は最短値等の賛否両論がありますが、最短値?むしろ最短値以下に感じました。
最大値(基部計測)で6.7mmではノギスが通りません。
素直に嬉しく、いい買い物をさせて頂きました(^^♪
「出品写真、記載値以上にカッコいい個体」です。

IMG_8949.jpg

セブン系にTT2Aを掛け合わせたけたCBF2。
どちらかと言えば顎の雰囲気的にセブンが強く出ている感じでしょうか?

IMG_8925.jpg


若干羽パカですが内歯の立ち上がりもが良く、緩やかな顎のラインに見入ってしまいます。
写真では伝わりませんが結構な顎厚もありました。
この顎形状で短歯であれば更にカッコよく、見栄えもいいと思います。




…と、今回もまとまりない記事でしたが、最後までお付き合い頂きありがとうございました

少しだけボトル交換

少しだけボトル交換。

張飛インライン
4月14割出し→プリカ管理→6月4日にボトルへ投入

①28g

②28g

③29g

④22g 暴れ
種♂

YFG
(オリジナルアウト CBF1)
割り出し日が若干異なりますが、800cc投入は張飛同様に6月4日頃。
種♂は先日アップしたコチラ

この個体は最終28gから羽化。
①27g

②27g
①.②食い上げ。

③23g

④21g 暴れ
既成瓶投入でしたが、
張飛の食い上げした幼虫は安定したグラム数ですね。
かえってYFGは結果の通り、結構な波があります。ボトル交換前には既に2頭も暴れがでてしまいました。
今回交換したメーカーと変わり、神長ボトルに投入した同ラインの結果もどれだけ差がでるか?比較が楽しみなところです。
結果♂は8頭交換し、30gに届かず…でしたがガサツな管理でよくここまで伸びてくれたなと(笑
♀はだいたい11g~14gぐらいでした。
そして菌糸ネタ

先週に引き続き、週末も10ブロック詰めました。先週と違い、今回のメーカーは1ブロックから800ccがキッチリ4本(610g~620g)とれます。このキッチリ取れるところが非常にありがたいんです!!
既成瓶も届きました、また更に注しないと足りないや…。
なるべく余裕を持って交換していきたですね。
9月頭は30upが拝めますように。
では(^^)
プロフィール

Author:fish
ホペイをメインに極太系を
飼育しております。
素人かつ田舎者のひとり言として、
マイペースに投稿していく予定です。
たまに覗いてください(^^♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新コメント
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

ホペイLabo

自己満足なクワガタ飼育
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR